電気の引越段取り

電気の引越段取り

電気の引越段取り

引越しに伴う手続きで肝心なのが電気をはじめとする精算手続きです。
電力会社へは、現時点で生活を送っている住所での電気の使用を停止する手続きと、新たな住居での電気の使用をスタートする手続きが求められます。

 

管轄が同一の電力会社のときには、いずれの手続きも楽に行うことが可能ですが、管轄が違ってしまうケースでは、双方の電力会社のやり方にそれぞれ従いましょう。
電力を止めてもらう場合は、インターネットを使って手続きが行えます。
しかし、急いで引越しをするときには、直接サービスセンターに連絡することになりますので、すばやく手続きを完了しましょう。

 

電気の使用をストップする手続きでは、場合により引越し時に立会いが必要にあることがあります。
その際には、手続きの申し込みをした段階で電力会社から言われますので、充分に打ち合わせをしておきましょう。
引越しの本番に日割り計算で電気料金を支払うので、必要な金額を用意しましょう。
引越しが多い時期では、引越し作業が思った通りに進まないことが珍しくありません。

 

その日のお金はその日に払う必要がありますので、お手伝いをしてくれる誰かがいると良いでしょう。
電気以外にも、転入先でも立会いの必要な手続きが行われることもあり得るからです。
立会えないときには、アンペアブレーカーを落として引越しを進めます。
引越し先の住所が分かっている場合は、web上で使用を始める手続きが可能です。
この場合も、急な手続きは対応できませんので、引越しの最低3日前から2ヶ月くらいまでにお願いしておきます。
手続きにはお客様番号を使いますので、毎月の請求書などを取っておくと良いでしょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ