役所で引越段取り

役所で引越段取り

役所で引越段取り

引越しが決まったら、公的な機関で手続きすることがたくさんあるので慌ただしいことでしょう。
区役所で手続きできるのは、住民登録・国民年金健康保険・国民年金の他、乳幼児医療・老人医療など多数あります。

 

これらのことは、新たな住所で似たような制度を使うために不可欠な手続きと言えますので必ず済ませておきましょう。
各制度を利用するために持っていた健康保険証などの書類を持って、転出届の提出を行うと転出証明書がもらえます。

 

引越してきてから14日の間に転出証明書を持参し引越し先の管轄役所を訪問し、転入の手続きすませましょう。
児童手当の手続きをする場合も忘れずに済ませましょう。
児童手当受給事項消滅届けを出すに際しては、印鑑を持参して役所に足を運び手続きを済ませます。

 

この段階で所得証明書が与えられますが、この証明書は転入先の役所で児童手当の手続きに着手するときに必要になりますので大切に保管します。
老齢福祉年金も児童手当と大差ありません。
印鑑登録については、転出届を行うのに伴い消去される仕組みですから、転出手続きなどは出さなくてもいいですが、転出証明書を入手しておかなくてはいけません。
原動機付き自転車を持っている場合は、転入先で必須となる廃車証明書を受け取ります。
子どもが学生ならば、引越しが確定したら転校届けを出します。
転校確認書を学校から渡された後は、それを役所に出し、次に転出学通知書をもらうようにします。

 

そしてこの書類を在学中の学校に持参し、在学証明書と教科書受給証明書を発行してもらいます。
どの書類も転入先で必ず求められるものですので、なくさないようにしましょう。
こういった感じで、転出や転入で同様の書類が要求されますので、引越しの慌ただしさの中で紛失しないようにしましょう。
車や自動二輪といった運転免許証に関しては特に転出手続きはありません。


ホーム RSS購読 サイトマップ