運転免許と引越段取り

運転免許と引越段取り

運転免許と引越段取り

引越しの事務手続きは引越しの前と後にするべきものと、引越し先での届けのみで済むものが存在しています。
運転免許証は、引越しの前に手続きをする必要がありません。
引越し先の住所の管轄である警察署か運転免許センターを訪れて、住所変更の手続きをします。

 

この手続きにおいては、運転免許証と新たな住所が記された公的な書類と申請書を揃えていきましょう。
公的書類と言うのは健康保険証や住民票などですが、新しい住所の明記がないと役に立たないので、先にそちらの方から手続きを終わらせておきましょう。
申請書はというと、手続きのために訪問する警察署や運転免許センターで準備されていますから、その際に記入すればいいのです。

 

引越して違う都道府県に住むことになったら、申請用に写真が要ります。
自動車も新たな引越し先にて登録手続きをすることが要求されます。
自動車の登録変更手続きのケースでは、引越し日から15日以内に終わらせる必要があるため、くれぐれも注意しましょう。
自動車も、新しい住所の管轄に設定されている陸運局か自動車検査登録事務所で受け付けています。
別の管轄のエリアに引越しを行ったなら、同様の県内だとしても手続きが求められますので、留意しておきましょう。

 

これは、自動車の保有者だけに限定されず、委任状で任された代理人であっても手続き可能です。
車検証や車庫証明・印鑑・自動車税申告書・自動車取得税申告書のほか新しい住所の住民票を持って行かないとなりません。
このときも、引越した先の住民票が求められます。
住民票は、引越しを済ませた後の住所を証明する大事な書類としてさまざまな手続きに添付しなければなりません。
引越しを終えたら、はじめにするのが転入手続きです。


ホーム RSS購読 サイトマップ