ペットの引越段取り

ペットの引越段取り

ペットの引越段取り

引越しの準備に着手すると、終わらせる必要のある手続きがいくつもあって焦ってしまう場合があります。
大半の場合は引越しに必要なことを一覧にまとめて、手続きに漏れが無いように心がけています。

 

そうまでしても、引越しが完了してから手続きの不備が出てくるケースが多いと言われています。
中でも失念してしまいがちなのはペットの登録に関する手続きです。
引越し先でもペットを飼うということでしたら、新しい住居の役所か保健センターなど動物の管理を取り扱う部署で登録を済ませなくてはなりません。

 

ペットを飼うことを希望して届けている事柄を変える手続きは、新しい住所で完了させれば良いとされています。
引越しを始める前の役所などで発行された鑑札と、狂犬予防注射証を新たな住所の管轄になっている役所に持参する運びとなります。
登録時には印鑑も使いますので、しっかりと用意しておきましょう。
登録が完了すると、新しい鑑札が支給されます。

 

引越し時にペットの登録手続きをするときは引越しが済んでから30日以内に済ませるようになっています。
ペットの引越し手続きで対象となるのはたいてい犬だと思いますが、その他にも申請しなければならない動物もいます。
猫・鳥については届けは不要なので、なにも手続きしなくてもOKです。
法律の動物愛護管理法によって設定されている特定動物に当てはまるのは、人の身体と命、そして財産に危害を加える危険性があると思われる動物です。

 

よく知られている動物を例にとると、蛇やワニガメやサルなどの動物が入っています。
引越ししてから混乱を招かないように、引越しに着手する前から行動を始めるべきです。
転入先に近い動物愛護センターなどについて調べておくようにしましょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ