パスポートと引越段取り

パスポートと引越段取り

パスポートと引越段取り

引越し時には、多くの手続き作業が欠かせません。
光熱費関連の届け出、郵便の送付先の変更届け・金融絡みの変更・各種契約事項の変更・公共機関での届け出というように、すべきことが多くて困ってしまいます。

 

ただし、身分証明書などとして大切な意味を持つパスポートは、引越しをしても手続きが要らないのです。
パスポートに限定すれば、住所は紛失の際に本人に返す確率を高めることだとされています。

 

身分証明書として役立てられる頻度の高いパスポートは、不正使用される事例が多いことから相当数の人が住所の欄を空白にしているようです。
空欄であっても、パスポートは利用できますし、罰則を受けることはないのです。
パスポートに関して変更の手続きをしなければならないのは、本籍地に変更があったときと名字の変更があったときだけです。

 

引越しで住所変更したら、本人が所持人記入欄を書き換えます。
訂正の仕方も特に決まってはいないので、線を引いても市販の修正液で消しても大丈夫です。
このような形で、パスポートに設けられている所持人記入欄は本人が書き込む項目のため、本人の証明にはなっても住所証明としては役に立ちません。

 

引越しによる手続きは不要ですが、結婚が理由の引越しで姓の変更がある場合は、名字変更の手続きをしましょう。
さらに、引越しした場所を本籍地にする場合も忘れずに手続きを終えましょう。
届け出については、新住所の管轄になっている都道府県旅券課に行く必要があります。
本人が行けなければ、代理人による手続きが許容されていますので、しっかり完了させておきましょう。

皆さんはお子さんの七五三の予約は取られましたか?
記念日の当日に撮影となると混雑してしまうことから、前撮りを検討されている方も増えてきました。
最近はフォトスタジオといっても、有名なチェーン店から昔ながらのどこか懐かしい雰囲気の写真館など、撮影ができる場所もたくさんあるのでどこで撮ろうか迷いませんか?

その中で私がおすすめするのが、大田区にあるフォトスタジオの「スタジオエアロ」です。

スナップ写真のようにお子さんの自然な表情を撮影してくれるので、他にはないお子さんらしさのある写真に仕上がります。
かわいい、かっこいいポーズを撮ってもらうこともあるみたいですよ。
撮ったその日に写真のデータを受け取れるのも嬉しいポイントですね。

七五三の記念撮影は大田区のフォトスタジオ


ホーム RSS購読 サイトマップ