引越し段取り

引越し段取り

引越しの手続き

引越しの際は、引越しを迎えるまでの期間は大変忙しくなります。
引越しというのは、転居先に身の回りの物を移すだけでなく、権利も移動させなければなりません。
それによって必要とされる手続きが多くあり、届け出が遅れると引越し先で大変な思いをしますので、見逃さないようにしましょう。
引越しをすることになったら、引越し日を特定しなければなりません。
これをもとに諸々の手続きの処理を開始することが実現するのです。
引越し日を特定しないと、手続きを開始したくても新住所への切り替えが叶いません。
引越しが急だと事務手続きが間に合わないこともあるので、できるなら余裕を持って引越し日を決定しましょう。

賃貸なら、まず引越し業者と不動産の管理業者に連絡を入れましょう。
賃貸の場合は家賃を日割りで計算することもあるので、引越し日が決まったら即座に知らせましょう。
伝えた日によっては、精算金額も異なってきますので、契約書を確認して所定の日までに手続きを片付けるようにしましょう。
手続きは公的機関が対象のものや民間機関が対象のものに分類され、転出と転入のどちらにも必要な手続きと転入に際してのみ手続きが要るものがあります。
電話一本で引越しの手続きができてしまうものと、窓口まで行って済ますもの、当日立会いが要求されるものが存在しています。
郵便物の配達については、郵便局に対して住所変更届を行うと引越し先に1年間転送してくれるサービスが受けられます。
郵便物は、長期にわたって古い住所に届くので、この手続きは必ず済ますようにしましょう。
引越しして1年経っても、郵便物が前の住所に送られてくるときには、転送を1年延長してもらうのが賢明でしょう。

レンタル契約なども忘れずに

意外と忘れてしまうのがウォーターサーバーなどのレンタル契約だ。水の届け先を変更すれば済むように思うが、元々契約住所と届け先は違う場所に指定できるので、もとの契約の住所変更を忘れてしまうのだ。

さらに、部屋のインテリアにしっくりなじむかも大切ですので、デザインや色合いなどもチェックしておきます。最近はかなりコンパクトタイプやスリムタイプもありますし、卓上タイプが用意されている場合もありますので、狭いキッチンやダイニングにも置きやすくなっています。デザインについてもおしゃれなもの、スタイリッシュなものも登場していますので、こちらも好みに合うもの、インテリアとのなじみも考えて選んでいきましょう。

また、引越しを機にウォーターサーバーを乗り換えてしまうと言うのも一つの選択肢。各社で乗り換えキャンペーンを行っているので、違約金をメーカーが持ってくれるのだ。味に不満があるのならおすすめだ。引っ越し先のサイズも要チェック。サーバーの大きさやデザインの良さもチェックしておきたいところです。意外と大きさもありますので、まずは置き場所を確保しておきましょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ